【悪意のあるソフト】Simple Driver Updaterのアンインストール削除方法

2018年7月27日ウイルス, 悪意のあるソフトDriver Updater, fixer Pro, Simple Driver Updater, slim cleaner, SpeedCAT, Speedy PC Pro, WinZip, アドウェア, ドライバーリバイバー

スポンサーリンク

Pocket

Simple driver Updaterとは

あたかもドライバーの更新があるかと見せかけ、不要なソフトを購入させる事を目的とした不正プログラム(PUP)です。WinZip Driver Updaterと大変よく似たソフトです

 

Simple driver updaterの感染経路

インターネット広告(ディスプレイ広告)をクリックし、シンプルドライバーアップデータのランディングページに飛ばされ、そこからソフトをダウンロードする事で感染します。ウイルス対策ソフトでは一切検知しません

このような広告はクリックしないようにしてください

 

Simple driver updaterのアンインストール削除方法

【CTRL】→【Shift】→【ESC】3つボタンを同時に押してください
Windowsタスクマネージャーが起動→プロセスタブを開きます
下記プログラムが動いていたら、「プロセスの終了」をクリックします

これにてSimple driver updaterの常駐を強制終了できます。



次に【スタート】→【コントロールパネル】→【プログラムのアンインストール】
※コントロールパネルの表示方法で「プログラムと機能」の場合もあります

 

これでアンインストールは完了です。ダウンロードフォルダに実行ファイル(exe)が残っていたら、コチラも削除してください

 

 

最後にAdwCleanerでアンインストールで残った残骸を根こそぎ削除しましょう

 

Simple Driver Updater を購入してしまった場合

Simple Driver Updater

上記ソフトのライセンス購入は、サブスクリプションモデルとなっており、解約を行わないと、自動的にクレジットカード請求を続けるサービス体系となっています。

個人での対応は難しいと思いますので「消費者センター」に相談するようお願いします

今後の不正プログラム感染対策として

ウイルス対策ソフトをすり抜けて感染する詐欺ソフトですが、マルウェアの感染元は主にインターネット広告です。

この広告の中でも、不審なリンク先がある広告は「非表示」とする機能をカスペルスキーは備えています。またウイルスの検知率も他社ソフトに比べても信頼度が高いため、不安な方は導入するとよいでしょう

————————————————————————

インターネット利用中に表示される偽の警告画面にだまされないで!

偽のセキュリティ警告によって有償の「ソフトウエア購入」や「サポート契約」を
してしまう相談が増加中

https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20180718.html

————————————————————————

会社情報

cleverbridge AG
Gereonstr. 43-65
50670 Cologne
Germany

電話:
ドイツ: +49 221 – 222 45 – 45
英国: 0800 8620377
米国: +1 – 866 – 522 – 6855
日本: +81 120 965227

登録情報:

コロン地方裁判所 / HRB 58900
納税者番号:
215/5808/2782
付加価値税番号 (VAT ID):
DE244822460

メール
info@cleverbridge.com

契約撤回の雛形

契約の撤回をご希望の場合はこの雛形にご記入のうえ、返送。

cleverbridge AG 宛(所在地:Gereonstr. 43-65, 50670 Cologne, Germany, ファックス:+49 221 – 222 45 – 19, 電子メール: cs@cleverbridge.com)

この文書をもって、御社と締結した契約を撤回する。以下の商品の給付に関する契約(*)/以下のサービス提供に関する契約(*)

注文日(*)/受領日(*)

消費者の名前

消費者の宛先

消費者の署名(紙媒体による通知の場合のみ)

日付

消費者の撤回権

消費者の契約撤回権
本第13条の規定は、欧州連合加盟国から注文を行なった消費者にのみ適用されるものとする。

13.1 契約の撤回
13.1.1 消費者は理由を表明せずに、14日以内に本契約を撤回する権利を有する。
13.1.2 サービス契約の場合、あるいは一回もしくは反復して購入されるデジタルコンテンツで有形のデータ媒体が給付されない契約の場合の契約撤回期間は契約締結の日から14日以内とする。
売買契約で商品の給付(例、バックアップ用のCD)を内容とする契約の場合、14日間の撤回期間は消費者または消費者が指定した第三者で運輸送者ではない者が商品を占有した時点から計算される。

13.1.3 ドイツ民法312条第2項に記されているように、契約撤回の権利は以下の場合生じない。
前もって生産された商品ではない商品の給付を内容とする契約の場合、消費者固有の選択あるいは指定をもとに生産され、 確固として消費者個人のニーズに合わせて生産される商品(ドイツ民法第312g条第2項1号)および

オーディオやビデオの収録あるいは封印された包装に入ったコンピューターソフトウェアの給付を内容とする契約の場合で、 封印が撤去された場合、撤回権は生じない。(ドイツ民法第312g条第2項6号)

13.2 契約撤回権の免責
本第13条の規定は、有形のデータ媒体にインストールされていないデジタルコンテンツの給付の契約を締結する消費者にのみ適用される。

ドイツ民法第356条第5項に従い、

消費者は、クレバーブリジットが撤回期間を過ぎる前に本契約の履行を開始することに明示的に合意し、本契約が履行されると、撤回権を失うことを承知しているものとする。

第14条に規定するようにクレバーブリッジが付与した同様のコンテンツの返金保証その他の補償または保証は、この条項の影響を受けない。

13.3 Gereonstr. 43-65, 50670 Cologne, Germany, 電話:+49 221 – 222 45 – 19, 電子メール: cs@cleverbridge.com)に対し、契約撤回権の行使の決意についての明確な宣言(例えば書面の郵送、電子メール、ファックスなどにより)をしなければならない。消費者はこの目的のために、契約撤回に関する解説に沿って契約撤回の雛形を使うことができるが、但しこれを利用することは義務ではない。
契約撤回の期間を遵守するには、消費者が期間内に契約撤回権を行使する内容の文書を発送する必要がある。

13.4 契約撤回の法的効果
13.4.1 消費者が本契約を撤回した場合、クレバーブリッジは消費者から受けた郵送料を含む支払い額全額を(但し、消費者の指定でクレバーブリッジが提供する最も費用対効果の高い郵送方法とは違った郵送方法を使用したことによって生じる付加コストは除く)直ちに遅くとも撤回通知がクレバーブリッジに送達されてから14日以内に返金しなければならない。クレバーブリッジが返金をする際には、消費者との間で他の支払い方法を明確に既定した場合を除き、支払いの時に消費者が利用した支払方法と同様の方法で返金する。いかなる場合においても消費者に、返金手続きのための料金が加算されることはない。
13.4.2 サービス契約の場合は以下の事項が適用される。消費者が撤回期間中にサービスが開始されることを希望した場合、消費者はクレバーブリッジに対し撤回の時点までに受けたサービスの、契約で予定されていたサービス全体に対する比率に相当する代金を支払うものとする。

13.4.3 商品の引渡しを伴う購入契約がある場合、次の事項が適用される。クレバーブリッジは商品が返送されるまで、または消費者が商品を発送したことを証明した時点までのどちらか早い方の時点まで返金を拒否することができる。消費者は契約撤回を表示した時点から直ちにクレバーブリッジに商品を返送しなければならない、遅くとも契約撤回の通知から14日以内に返品しなければならない。消費者は14日以内に商品を発送すれば返品期間を遵守したことになる。消費者は商品の返送にかかる費用を負担する。
消費者は、品質、特性および機能を確かめようと、不必要な方法で商品を取り扱ったことにより商品の価値が低下した場合には、低下分の代価を支払う必要がある。

スポンサーリンク