【偽警告】Wiper Softのアンインストール削除方法

2018年9月28日

Pocket

Wiper Soft(ワイパーソフト)とは

アドウェア(PUP)ブラウザハイジャッカー、スパイウェアなどを駆除するプログラムとしてダウンロードが推奨されていますが、単なる偽警告を表示する悪意あるソフトです

偽警告に騙されないで!巧妙化する手口とその対策

安全性の高いファイルまで、危険なソフトとして検出し大量の脅威を抽出します

「脅威を削除する」をクリックすると、有償ソフトをクレジットカードで購入するページに推移し、継続課金(サブスクリプションモデル)のソフトを契約を進めてきます。ここでは、絶対に購入しないよう注意が必要です。

 



 

SafeCart決済代行サービスとは?

この「SafeCart」は、紹介している多くの詐欺ソフトを取り扱う日本国外の決済代行サービスとなっています。クレジット決済代行サービスですね

SafeCartは、カナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリアに所在する「RevenueWire」という企業です。

カスタマーセンターでは「英語、ドイツ語、フランス語、日本語」など多言語に対応しているところを見ると日本だけではなく、様々な国で同じ手口による被害が多そうです

WiperSoftの感染経路

Driver Updete(ドライバーアップデート)
・SlimClienar Plus(スリムクリーナー)

などに感染したユーザが、インターネット検索で「マルウェアの完全除去」などのタイトル名に惹かれアクセス。そのぺージからWipersoftをダウンロードすることで感染します

WiperSoftのアンインストール削除方法

【CTRL】→【Shift】→【ESC】3つボタンを同時に押してください
Windowsタスクマネージャーが起動→プロセスタブを開きます
WiperSoftを選択し「プロセスの終了」をクリックします

次に

【コントロールパネル】→【プログラムと機能】→【WiperSoft1.1】→【アンインストールと変更】

これでアンインストールは完了します。

次にレジストリや不要フォルダに残っているWiperSoftを検出し削除を行います。手動では検索削除が難しいのでAdwCleanerを利用します

これにて作業完了です

今後の不正プログラム感染対策として

ウイルス対策ソフトをすり抜けて感染するWiperSoftですが、マルウェアの感染元は主にインターネット広告です。この広告の中でも、不審なリンク先がある広告は「非表示」とする機能をカスペルスキーは備えています。またウイルスの検知率も他社ソフトに比べても信頼度が高いため、不安な方は導入するとよいでしょう

WiperSoftを購入してしまった場合

個人での解約は難しいです。

消費者センターなど専門機関へご相談いただくと良いでしょう。
クレジットカードで契約しているので、そのカードを止めてしまうのも、ひとつのほうほうです

独立行政法人 国民生活センター

詐欺ソフト被害の参考や注意喚起

国民生活センター(消費者センター)

・偽警告について説明資料
・パソコン操作中に、突然警告音が鳴りすぐに電話するように表示された
・突然現れるパソコンの警告表示をすぐにクリックしないこと! その表示は、有料ソフトウエアの広告かもしれません
・ウェブサイト閲覧中のニセの警告音にだまされないで
・エラー表示などでパソコンソフトを購入させる手口に注意 そのエラー表示は本物??

IPA(独立行政法人 情報セキュリティ推進機構)

・偽警告に騙されないで!巧妙化する手口とその対策
・ウイルスに感染したという偽警告でサポートに電話するように仕向ける手口に注意
・ブラウザに「ウイルスを検出した」という旨の警告が表示されて終了させることができない場合の対応手順
・情報セキュリティ安心相談窓口

偽警告について動画

最近のコメント

プロフ

This content cannot be displayed in widgets.