【簡単】ワンクリック詐欺請求画面の削除方法

2017年7月25日


男性なら1度は見たことある18歳未満禁止の大人のサイト・・

しかしここには「ワンクリックウェア」と呼ばれるマルウェアが仕掛けられている場合があります。無料動画の再生に向けて、画面の指示通り進んでいくと、ワンクリック広告が画面に張り付き不当な金額を要求されます

ワンクリックウェアとは、いやらしい広告がパソコンのデスクトップに張り付き「×」で消してもパソコンを再起動しても何度も表示されてしまうものです。

突然「登録が完了しました」「お支払いをしてください」画面に表示されるので、パニックになってしまい、記載されている電話番号に問い合わせたり、お金を振り込んでしまう被害が未だ絶えないようです

「お金を振り込んでもこの画面は消えません」

安心してください

家族や恋人に発見される前に落ち着いて作業し、パソコンからワンクリック広告を削除しましょう

お金は1円も払う必要はありません!

ワンクリック詐欺広告の削除方法

「ワンクリックウェア駆除ツール」を下記よりダウンロードします

ダウンロードしたらアイコンをダブルクリックし、パソコンにインストールします

画面指示に従い「次へ」で進めていきます。インストールは「標準インストール」と「カスタムインストール」がありますが「カスタムインストール」を選択し「日本語キーワードプラグイン」のチェックは外してください。チェックを外さない場合は不要なソフトがインストールされます。

 

 

次に「お天気ウイジット」の画面が出ます。
こちらも不要ソフトですので赤枠チェックを外して「次へ」を選択します

 

ワンクリックウェア駆除ツールがインストールされると、自動的にツールが起動しアダルト画面がインストールされている場所を特定してくれます。
「駆除実行」を押せばワンクリック請求画面の駆除完了です!

 

注意

ワンクリック詐欺に引っかかり高額請求をされたユーザが行政書士に相談を行い、調査費名目でさらに高額な費用を請求されるといった被害が発生しているようです。

最近の手口は「水飲み場作戦」のようなもので、ワンクリック詐欺に引っかかったユーザは「消費者センター」や「消費生活センター」「ワンクリック請求」といったキーワードでYahoo検索をしワンクリック詐欺の対処法を調べます。

この検索結果に「今すぐ解決」「無料相談」などの検索連動型広告を表示させておき、そこのWebサイトに相談させる手口です(○○事務所など)

「行政書士」は契約の解約交渉などを業務としては行えず、そのような実態があった場合、弁護士法違反に問われる可能性もあるのです

冷静に考えれば、大人の動画を見ていただけで勝手に「登録完了しました」の画面が表示され「99,800円」など高額請求を期限内に振込めという内容にも無理がありますよね。

行政書士や司法書士に相談する必要はありません

ワンクリック詐欺業者に電話してしまった場合

ワンクリック広告記載の電話番号に連絡してしまった場合や、お金を振り込んでしまった場合は最寄りの消費者センターに相談するとよいでしょう

独立行政法人 国民生活センター
0570-064−370

以上です。お疲れ様でした